シアリスの効能と注意|【偽薬にはご用心】医薬品の輸入代行サイトでシアリスを個人輸入

シアリスはED治療薬の中でも最長の効果時間を誇っています

ロゴ

誤解されがちなED治療薬

ED治療薬は媚薬の一種と勘違いされがちですが、あくまで正常な勃起を促すためだけのものです。ED治療薬に興奮を作用するものは含まれていません。

一般的なシアリス処方までの流れ

クリニックに予約または来院

大阪で一般的にシアリスを処方してもらうためには、まずED治療を扱っているクリニックに予約を入れるところから始めることになります。電話を入れるのに抵抗感があるという人は、直接来院しても大丈夫です。

問診票の記入

問診票では、日常的に服用している薬などを確認されます。ED治療薬には他の薬との併用次第では、健康に害を及ぼしてしまう可能性もあるのでしっかりと記載するようにしましょう。

カウンセリング

問診の際にはお困りの内容についてのヒアリングや処方薬についての説明、また必要に応じて血圧測定を行うこともあります。不安点については積極的に質問するようにしましょう。この際にシアリスを要望している旨をちゃんと伝えることが大切です。

医師の判断に応じて処方

カウンセリングの要望と患者の意見から、必要なED治療薬を判断して処方してくれます。クリニックにもよりますが、基本的にかかる費用はED治療薬の値段だけとなっています。

シアリスの効能と注意

薬

シアリスの効能

ED治療薬であるシアリスは、勃起を妨げている5型ホスホジエステラーゼという物質の働きを阻害してくれます。5型ホスホジエステラーゼは勃起を促すために必要な環状グアノシン一リン酸を分解してしまう効果をもっているため、それを阻害することによって正常な勃起をサポートします。

持続時間はED治療薬でも最長

シアリスはED治療薬の中でも効果時間が非常に長く、10時間はもたないといわれているバイアグラやレビトラを大きく引き離し、最大で36時間といった効果時間を誇っています。効果が出るのも遅い遅効性の医薬品のため、服用から効果を体感するまで3時間程度かかります。

食事の影響をほとんど受けない

服用の際に食事の影響によって効果が阻害されることは殆どなく、800kcal以下の食事であれば効果に問題はないとされています。念のため油物を避けたほうがいいという程度で、あまり気にせず食事をすることができます。

服用時に摂取してはいけないもの

基本的には食事にも制限がなく、アルコールも過度でなければ大丈夫なシアリスですが、服用中はグレープフルーツを摂取しないようにしましょう。グレープフルーツに含まれる成分がシアリスの成分が体外から排出されるのを防いでしまうため、うまく排出されずに悪影響を及ぼしてしまう危険性があります。